美肌 of Dreams┃目元のクマも治す優秀な美容外科

たるみ

目の下の老化をなくそう

目の下の老化現象

美容

目の下の皮膚が加齢によってたるんでしまうと、たるんだ皮膚の下に黒い影ができてしまいます。その影がクマのように見えているケースがとても多いのですが、影を生じさせている皮膚のたるみを解消することで、クマをキレイになくすことができます。従来は、たるんだ皮膚を切除する手術が一般的な治療方法になっていました。でも、近年になって、メスを使わない治療方法が採用されるケースが増えてきています。患者がかなり高齢で、目の下の皮膚自体のゆるみがひどい場合は、メスでその皮膚を切除する必要があります。でも、まだそれほど症状が進んでいない場合であれば、皮膚のたるみを引き起こす原因になっている下垂した眼瞼脂肪を除去するだけで、目の下のクマをなくすことができます。そのため、皮膚自体には手をつけず、まぶたの裏側から脂肪を除去する手術が行われるケースが多くなってきています。

余分な脂肪を取り除く

目の下に生じているクマをメスを用いない方法で治療する場合、まず下まぶたの裏側の結膜に小さな穴を開け、そこから余分な脂肪を除去するのが普通です。クリニックの中には、レーザーを照射して脂肪を焼散させる治療を行っているところもあります。いずれの場合も、肌の表面にメスを入れるわけではないので、術後の回復が早いというメリットがあります。皮膚を切ってしまった場合は、抜糸が済むまでは外出することもままならなくなってしまいます。切ったところがかなり強く腫れますし、バイ菌が入るおそれがありますからメイクをすることもできません。でも、結膜から脂肪を除去する治療を行った場合であれば、手術の翌日からメイクをすることができます。最近は、単に余分な脂肪を除去してしまうのではなくて、凹んでいる部分に脂肪を移動させてやる手術が行われるケースも増えてきています。できるだけ生活に支障が出ない方法で治療を受けたいと思うのが当然ですから、今後はメスを用いない治療方法が主流になっていくだろうと考えられています。